大きくする 標準 小さくする

KEIO GIRLS VOLLEBALL CLUB DIARY

考えること

投稿日時:2019/08/18(日) 19:55


8月も中旬となり、ますます暑さが厳しくなってきました。
暑さは辛いものですが、空と雲と太陽のコントラストが清々しい気分にさせてくれるのが夏の良いところだと思います。
皆さんはいかがお過ごしでしょうか。法学部法律学科2年の三浦麻莉子です。

夏休みが始まり約二週間と少しが経ちました。
我が部では1日練習や走り込み等、夏休みだからこそできるメニューを取り入れた練習をしています。
チーム内でのAB戦や、実力の拮抗した相手との練習試合を重ね、着実にチームとしてまとまりが出てきていると感じます。私自身毎日の練習で常に新しい課題を発見することとなり、どうしたら改善できるのか頭を悩ませています。
次はこうしよう、明日の練習はこうしよう、と考えながら日々を過ごすとあっという間に時間が経っていくのを感じます。こんな調子ならすぐに夏が終わってリーグが始まるなあと本当に思います。リーグが始まって終わってしまうともう四年生は引退です。もうすぐそこまで四年生の引退が迫っているのを実感して、『時間がない』という危機感が自分の中で大きくなっています。四年生が引退すれば私はチームの中で上級生となり、今までのチームの中での自分の役割と、これからのチームで求められる自分の役割は大きく変わると思っています。ですが今のままの自分ではその役割に見合う実力がありません。自分を変えるためにはこの夏の過ごし方が大事だと思います。本気で頑張ったと思えるような夏にしたいと思います。

来週からは柿崎合宿が始まります。いつでてもいいように準備を怠らず、出た時には必ず収穫を、出ていないときでもできることを考えて、実り多き合宿としたいです。

これからもご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い致します。

乱文失礼いたしました。

この記事を書いたメンバー

コメント

名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル

画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

アーカイブ