大きくする 標準 小さくする

KEIO GIRLS VOLLEBALL CLUB DIARY 2012/3

よいしょ

投稿日時:2012/03/26(月) 14:37

更新がおそくなり申し訳ございません。

無事進級が決まりました、環境情報学部2年渡辺です。
17日から20日の3泊4日、新潟県の柿崎の方で16校合同の練習試合合宿がありました。
春リーグで顔を合わせるであろう大学から部の違う大学までさまざまな大学と練習試合ができました。
ここでの経験を生かし、のこり約3週間精進していきたいと思います。

さて、今回のブログですが・・・
前回のみきさん(新3年・高根沢)のブログに関連して看護医療学部のすごさについて書かせていただきます。

私自身あまり看護医療学部の友達はいないのですが、話を聞く限り本当大変そうです。
必修授業がただでさえ多いのに、それを一つでも落とすと留年というのは本当厳しいです><
部活をやっているとその大変な看護医療学部での勉学をこなしている方の偉大さを実感します。

といいますのは・・・
けがなどをしたときに、どこが痛い、こうである、という症状からなにがどうなっているのかというのを予想できるからです。
それにみきさんが「看護的に・・・」と、いろいろ分析なさっている姿をみると凄いな、と自分が全くそういうのがわからないので感心するばかりです。

去年の夏、私は熱中症で病院に運ばれました。
その時もみきさんが的確な処置をしてくださいました。
病院について先生に診断していただいているとき、どういう風な症状なのかというのを聞かれて
「最初はこうで・・・冷やし始めてからはこうなって・・・私はこういう処置をして・・・」
というのをみきさんは事細かに説明なさって、先生も
「そこまでやってくれたならもう処置は完璧です。」と感嘆なさっていました。
そしてそのあと点滴をうってもらい、その時もみきさんがついていてくださったのですが、
「落ちるスピードがはやい。」
とおっしゃって点滴のスピードを調節してくださったのを見たとき、さすが看護と思いました。
その時は私の親も病院に来てくれたのですが、親も
「こんな看護の先輩がいてくれたら安心ね。」と絶大なる信頼を寄せています。

看護医療学部のすごさというよりは、みきさんをよいしょしてしまいました(笑)
でもみきさんには本当感謝しています。
学業も大変ながらマネージャー業だけならず応急処置からトレーニングまで幅広く考えてくださり部員を支えてくださっています。
この場をお借りして感謝を言わせていただきます、ありがとうございます。
信濃町キャンパスに行かれますます大変になることと思いますが、応援しています!
(みきさんを応援する前に私も学業を頑張らねば><)


4月15日からついにリーグ戦が始まります。
残り少なくなってきましたが全力で駆け抜けたいと思います。
いつも支えてくださっている皆様に感謝して頑張ります!

乱文失礼いたしました。

おはぎが好きです

投稿日時:2012/03/15(木) 03:42

日頃よりお世話になっております。
新3年マネージャーの高根沢です。

先日帰宅した途端、母親が
母「あなた…ラーメン好きなんだって( ̄▽ ̄)?」
とにやにやしながら近づいてきました。
どうやら両親はこのブログを見ているようです

話は変わりまして、
3月9日、青山葬儀場で行われた松平康隆先輩(公益財団法人日本バレーボール協会名誉顧問)のお別れ会に、部員も参列し松平先輩を悼み申し上げました。
日本のみならず世界中から松平先輩を惜しむ方々が参列され、松平先輩の偉大さ・人望の厚さを感じました。
そして10日、高校を数校お呼びして日吉記念館で合同練習会を開催しました。
高校生と合同練習・ゲームを通して大学生も学ぶことが多くあり、非常に充実した1日でした。
また、こういった活動を通して少しでも我が部に興味を持っていただければ、と思います。

以上、最近の活動報告でした(^^)


今回のブログでは、よく質問される私が所属している看護医療学部について書きたいと思います!
このたび無事3年生に進級することができ、4月からはSFCキャンパスを離れ信濃町キャンパスに通うことになりました
看護医療学部は、3年生から本格的に病態学を学び、秋学期は座学はほぼなく、主に信濃町キャンパスに隣接する慶應義塾大学病院で実習となります。
今年1年は1~2年次と比べ内容もより実践的になり、長期的に実習もあるので、楽しみでもあり不安でもあり…といった感じです。

個人的な話なんですが…病態学はとても興味があります。
どうしてその病気が起こるのか、治療法など、色々と病気のしくみを知ることができるのは個人的にとても興味が湧きます。
知識として覚える量は膨大なのですが、こういう科目は苦ではないんです(^^)不思議(^^)
だから3年次はちょっと楽しみなのです!

知識はもちろん、実技が伴ってこそが医療者です。
なので授業で実技もあります
主に実習室(SFCでは)で練習します!ここです!



2年生ではベッドメーキング、心音・呼吸音聴取、導尿カテーテル挿入、足浴、清拭、滅菌操作、注射など習ってきました。
しかも実技自主練の0限という時間があるのです。(看護あるある)

毎週実技試験があり、医療という分野だからかけっこう合否も厳しめで、ある試験では学年でラストまで合格をもらえず教員とマンツーマンで指導をもらったことは今でも覚えています。笑

実習では受け持ちの患者さんを持たせていただけるのですが、患者さんを担当させていただくというのはプレッシャーでもあり、まだまだ未熟なので接し方からケアまで毎日手探りで、実習記録もこれまた膨大でなかなか忙しい毎日になります。
また、看護はほぼ授業は必修で、必修を1つでも落とすと即留なので、なかなか精神的に休まりません

でも、患者さんから「ありがとう」と言われるとなぜかそんなことはふっ飛ぶんですよね(^^)
よく覚えているのが、実習初日は顔も合わせてくれずコミュニケーションもままならなかったのに、また当初は術後で寝たきりだったのに、最終日にはわざわざベッドから起き上がり私の手を取り「優しい手…」と言ってくださったとき、嬉しくて嬉しくて涙をこらえられませんでした。

人命を預かる仕事なのでプレッシャーも大変なことも多いですが、この一瞬があるから頑張れるなぁと思うのです(^^)

そして、看護のスケジュール的に部活にもあまり参加できなくなることもありますが、いつも温かく受け入れ応援してくれる先輩・同期・後輩には感謝してもしきれません。
部活と両立を目標に、これからも頑張ります

長文失礼いたしました。



大学生活、折り返し地点!

[日々の出来事] 投稿日時:2012/03/05(月) 22:55

暦は3月になりましたが、まだまだマフラーやホッカイロを手放せずにいます、新3年の鈴木です
春の訪れが待ち遠しいとはこのことか!!と実感する今日このごろです

今回ブログで何を書こうかとネタを探していたんですが、
面白いことが特に無かったので(笑)
(…というより、文章を書くのが苦手&嫌いなので、面白いことも私が書くと中々面白さが伝わらないと思いまして…
今回は少し真面目な話をさせて頂きます。


大学生活も半分を過ぎ、順調にいけば4月から三田キャンパスライフが待っています!
(ちなみに成績発表は今週の金曜日!!…どきどきです
そして3年生からは、「ゼミ」というのが始まります。
ゼミとはざっくりいうと1、2年で学んだことを更に専門分野に分かれて奥深く学んでいく研究会のことです。

私は商学部に所属していて、4月からゼミに入ろうか、入るなら何の分野のゼミに入ろうか迷っているところですfrown
というのも、商学部のゼミ選考が再来週に控えているからです

「大学に入ったからには、“これを得た!”といえる何かがほしい」
と入学前から意気込んではいましたが、
1、2年生の時の私はどちらかというと勉強より部活に比重を置いていた気がします。

大学生活も分岐点を迎え、新たなことに取り組むなら3年生になる“今”だと思いました。
だからといってこれから部活より勉強に比重を置くわけではありませんし、
むしろ勉強と部活に今まで以上にバランスを取りガッツリ取り組んでいきたいと思っています!
(まず希望するゼミに入れるかもわかりませんし…
…というわけで、今私はゼミ選考に非常に頭を悩ませている日々を送っています
みんなに「考えすぎ!」と言われます…。
あと2週間、悩んで悩んで自分の後悔しない選択を出来たらと思っています。


さて、チームの話になりますが、日吉合宿を終えた私たちは先週明治学院大学・横浜国立大学との練習試合を新チームになって初めて行いました。
慣れない新チームでの実践でしたが、練習の成果が出る場面もあり、ミスして反省する部分もありました。
チームとしてだんだん形になってきていたのはこれからの自信にもなったので、春リーグに向けて残り1カ月ちょっとチーム一丸となって練習に取り組んでいきたいと思います

長文最後まで読んで頂きありがとうございました!
これからもご指導・ご声援のほどよろしくお願いいたします。

<< 2012年3月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

2012年3月