大きくする 標準 小さくする

KEIO GIRLS VOLLEBALL CLUB DIARY

<<前へ

正念場

 written by 金子 奈津実 投稿日時:2020/01/19(日) 13:33

先日日吉キャンパスには初雪が降り、寒い日々が続きますが、皆さんいかがお過ごしでしょうか。



 



理工学部1年の金子奈津実です。



 



巷ではインフルエンザが猛威を奮っている中、女子バレーボール部は友成主将からの、決してインフルエンザにかからないようにというお達しを守るべく、気合いで菌を吹き飛ばし、1人もインフルエンザ菌に侵されることなく全員で日々練習に励んでおります。



 



さて現在、私たちは大学生活最大の試練に直面しています。何を隠そう、期末試験です。先日青木監督からもしっかり勉強してテストに臨むようにというお言葉を頂きました。



 



新チームがスタートしてから基礎に立ち返り、体力作りにフォーカスしたメニューをひたすらやってきた私たちですが、年末オフと試験期間が立て続けにくるこの時期が正念場です。体力を落とさず技術の向上を目指して行きたいと思います。



 



ということで、無事2年生に進級することができるよう、そろそろ試験勉強を始めようと思います。



 



最後になりましたが、皆様も健康にこの冬を乗り越えられるよう、体調には気をつけてお過ごしください。



 



乱文失礼致しました。

目指すもの

 written by 三浦 麻莉子 投稿日時:2020/01/13(月) 21:38


寒い日々が続き、毎朝布団から出るのが辛い毎日が続きますが皆様はいかがお過ごしでしょうか?

法学部法律学科2年の三浦麻莉子です。


改めまして新年明けましておめでとうございます。
昨年は多くのご指導、ご支援をいただきありがとうございました。
いつもこのブログを見てくださっている皆様にこの場を借りてお礼申し上げます。

ついに2020年、オリンピックイヤーです。
日吉の記念館もきたる3月に完成予定とのことで、新しい予感にワクワクが止まりません。
今年一年、明るい話題が尽きないような年になれば良いなと願うばかりです。

そして私事ですが、先日成人式を迎えました。大人になるということは、心身ともに自立するということだと思います。
大人になった自覚を持ち、より一層人として成長できるように励んでいきたいと思います。

チーム2020の新年最初の活動はチーム内アンケートに答えるところから始まりました。
年内の反省から今後どのような練習をやっていくかまで、深くチームのことを考えるアンケートだったのですが、その中の質問に「愛されるチームとはどのようなチームか」というものがありました。

バレースタイルやスキルの面でどのようなチームを目指すかはよく話し合うものの、チームとしてどのようにありたいかを話すことは今まであまりなかったように思われます。なので部員一人一人が思う「愛されるチーム像」を共有したことはとても興味深かったです。各々が考える愛されるチーム像は同じところもあれば異なるところもあり、新しい発見がたくさんありました。

部員全員が全く同じイメージをする必要はなく、大事なのはどのようなチームになりたいかを個人が具体的にイメージし、共有して、目指していくということだと思います。こんな風になれたら素敵だな、と想像したものをみんなで形にしていくことができれば良いなと思います。
ちなみに私の考える愛されるチームとは、「まずは部員が部のことを愛していて、勝利に向かって一致団結しているチーム」です。他にもたくさん要素はあるのですが、簡潔に、言いたいことを取りまとめたとしたらこれだなと思います。

愛されるチームを目指し、これからも練習に励んでいく所存です。
2020年もご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い致します。

乱文失礼いたしました。

Happy New Year!

投稿日時:2020/01/05(日) 23:56

First and foremost I would like to say Happy New Year! 

It is now a new decade, and I cannot wait for what it has installed for me and the team!

With the 2020 Tokyo Olympic coming ever so near I can feel the excitement rising in Japan. The country is busy making preparations for the big event, and I can see all around me the new developments being made. 

For 2020 I hope for our team to grow stronger, tighter, and determine. As a team, I hope to achieve many things, but one thing I want to be able to do is to show people my passion for playing volleyball. I recently had a meeting with an old graduate of Keio University who also attended my Faculty Environmental and Information Studies, and is currently works at the IMG company. One important thing that I took away from that meeting is to "To be passionate about what you do. To show others that you are a passionate person." Cause if you do that your life is going to be so much more meaningful. If your going to live why not live passionately? Why not live a more colorful and exciting life? What's stopping you? 

My passion for volleyball escalated dramatically once joining the team in Keio, and now with the new 2020 team, it has escalated even more! With new roles being given came with new challenges, and I have made mistakes already, but I hope that I will get better, and be able to uphold the Keio pride. 

I cannot wait for what else I will be learning and achieving in 2020! 

2019年を振り返って

 written by 照井 静華 投稿日時:2019/12/29(日) 17:43

ブログ



 



年越しまで残り僅かとなってまいりましたが、皆様いかがお過ごしですか。経済学部2年の照井静華です。



年々、月日が経つのが早く感じるようになってきて今年が終わるという実感は未だに持てておりませんが、年内最後のブログということで、"変化"をテーマに、ありきたりではありますが2019年を振り返っていきたいと思います。





まず2019年の1番大きな変化と言えば、5月1日に元号が平成から令和になり新時代へと幕開けたことが挙げられます。ラグビーW杯では日本代表選手の快進撃に感銘を受け、ラグビーを通じて日本全体がone teamになれた気がします。消費税が10%へ増税という変化もありましたね、、笑



 



我が部の今年の1番の変化は3部復帰を果たしたことでしょう。春リーグでは、3部は手の届きそうなところにはあったものの数点の得失点差で昇格を逃してしまいました。昇格できるほどの実力を持ち合わせていたのにそれが叶わなかった悔しさと1点の重みをより一層思い知り、夏から秋にかけてはその悔しさをバネに、誰もが3部昇格という目標をより意識するようになりました。4年生を中心に1つの目標に本気で取り組んだからこそ秋リーグに見事目標達成を果たせたのだと確信しています。



4年生が引退してからの2ヶ月間は基礎を徹底させる練習に取り組んできました。ここでは、日頃の1つ1つの練習に対して細部までこだわるという意識の変化が得られました。技術的にもパスの安定感の向上など小さな変化を日々実感できているという声をよくききます。



また、身体づくりに対する意識も大きな変化のうちの1つでしょう。今井トレーナーのご指導のもとよりトレーニングや食生活にも気を遣うようになり、筋力やジャンプ力を測定して数値が伸びたり体感的にもバレーのパフォーマンスが上がったりして皆トレーニングの効果を感じられました。



私自身も、今までは下級生として付いていくのに必死でしたが、もう上に甘えるのではなく、チームを引っ張っていく側の立場にならなければならないのだという意識の変化を最近感じております。



 



私なりの分析では大きく3つの変化があったこのバレー部、次の春リーグの3部で2勝という目標に向かって、2020年にはどんな変化があるのか楽しみです。



 



長くなりましたが、色々思い起こして振り返っているとやっと今年を納めることへの実感が湧きました。



 



来たる2020年も飛躍して参りますので、これからもご指導ご鞭撻のほど宜しくお願い致します。



 



それでは皆様良いお年をお迎えください。

小さな変化

 written by 秋田 愛 投稿日時:2019/12/22(日) 23:10

寒い日々が続き本格的な冬の到来を迎えましたが、皆様におかれましてはいかがお過ごしでしょうか。
法学部政治学科2年の秋田愛です。この時期になると肌の乾燥がひどく、私は手のひび割れケアを欠かせません。笑

さて、本日は年内最後の全体練習でした。新チームとして始動してから早2ヶ月弱が経ちましたが、非常に濃い日々を過ごせたと思います。振り返りノートに書き込んだり、練習や試合の動画を見返したり、体作りのためにプロテインを摂取して栄養バランスを気にしてみたり...副務という役職にも就き、バレーのことを考える時間が前よりもグンと増えました。

そんな2ヶ月を本日の練習後に縦割りで振り返り、私たちは小さな変化を沢山得たということを話し合いました。ジャンプ力が急激に上がってスパイクが打てるようになった、ブロックが著しく良くなった、どんなボールでもレシーブ出来るようになった、という大きな変化は残念ながらありませんでした。ですがこれらを達成するために必要な準備段階、基礎を固めることが出来たのではないかなと思います。
まずは体力がついたこと。
基本的な前パスが安定してきたこと。
対人が前よりも長く続くようになったこと。
恐れずに前のボールに突っ込めるようになったこと。
などなど、日々の練習中では気づきにくいことですが、新チーム始動初日を思い出して比べてみると変化は歴然です。

この小さな変化が積み重なっていくことによって、春リーグまでには上記に述べた大きな変化を成し遂げられるようにしたいです。しかし、この積み重ねを崩してしまってはスタート地点に戻ってしまいます。明日から始まる冬休みオフ、更には試験という大きな壁が立ちはだかっていますが、この2ヶ月間で折角得たことを無駄にしないようにトレーニングは怠らずに、体力と技術を維持することをこのブログで約束します。
また、ある程度の基礎を培ってきた私たちでは、これからはただ与えられた練習をこなしていくだけでは現状維持で止まってしまいます。更なる成長、大きな変化を求めるには、「自分で考える力」を身につける必要があると思います。そのために私は試合の動画を自分なりに分析をし、イメージトレーニングもこの冬休み期間中にしたいと思っています。

毎日チームのことを第一に考えて下さっている友成先輩と矢野先輩がいること、気軽に相談に乗ってくれて楽しい日々を共に過ごしてくれる同期がいること、真面目で個性豊かで私を笑わせてくれる後輩がいること。バレーボール部女子は周りから応援されるチーム、愛されるチームであることを一つの志しとしていますが、私は既にこのチームを愛していますし、このチームの一員であることに誇りを持っています。

応援して下さっている皆様への恩返しも含め、日々の練習に精進し、春リーグではしっかり結果を残したいと思いますので、暖かく見守っていただけると幸いです。また、これからもご指導ご鞭撻のほど宜しくお願い致します。

乱文失礼致しました。
«前へ

<< 2020年1月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

2020年1月

<<前月翌月>>
2020/01/19(日) 13:33
正念場
2020/01/13(月) 21:38
目指すもの
2020/01/05(日) 23:56
Happy New Year!