大きくする 標準 小さくする

ブログ 2018/5

次に向けて[KEIO GIRLS VOLLEBALL CLUB DIARY]

 written by 白土 恵投稿日時:2018/05/27(日) 18:09

だんだんと昼間は汗ばむ季節となり、半袖1枚でも過ごしやすくなってきましたが、皆さまいかがお過ごしでしょうか?

経済学部3年の白土恵です。



さて、先週の順位決定戦で春季リーグも一段落し、

私たちは、2週間後の6/10に行われる早慶戦、

そして6/21から行われる東日本インカレに向けて練習していく日々が始まりました。



この1週間は、試合を意識しつつも、春季リーグで感じたことを、練習で修正することのできる限られた時間だと思っているので、大切にしていきたいです。



話は変わりますが、今日わたしは東日本インカレのトーナメント抽選に行ってきました。

他大学の方と交流できる場に行くと、自分が慶應義塾大学體育會バレーボール部女子チームの代表者と来ていることを実感します。

今回の集まりで、自分たちがプレー面でも事務面でもどのように思われているのかを感じることのできたのでそれもまた、意識していきたいと思います。



最後に、6/10はとどろきアリーナにて早慶バレーボール定期戦が行われます。

女子チームの格上に挑んでいく姿、ぜひ観にきてください!

乱文失礼いたしました。今後とも応援よろしくお願いいたします。

 

春リーグを終えて[KEIO GIRLS VOLLEBALL CLUB DIARY]

 written by 小寺 彩貴投稿日時:2018/05/20(日) 23:02

こんにちは。
日中は汗ばむほど夏の訪れを感じるようになってきたのに対し、夜はまだ肌寒いことが多く、毎日服装に悩まされています。
商学部3年の小寺彩貴です。

本日、春リーグの順位決定戦が終了し3部9位という結果に終わりました。
今季のリーグで私は初めてセッターとして試合に出場しました。正直、辛かった、の一言しか出てきません。大学バレーのセッターの難しさを身をもって実感しました。以前セッターをやると覚悟を決めた時、大変であることは分かっていたのですが、実際は想像を遥かに超えるものでした。反省点や落ち込むことの多い春リーグでしたが、その中で得られたものや、成長できた部分はありました。春リーグは終わりましたが、これから東日本インカレ、早慶戦と続くのでこのリーグを通して得られたものをしっかり発揮し、短期間で反省点を見直し少しでも上達出来るようにしたいと思います。

また、この春リーグはとても短いようでとても長くも感じました。正直、早く終わって欲しいと思ってしまうほど楽しめてなかったと思います。自分のことに精一杯になってしまい、楽しむ余裕がありませんでした。
これからは、自分がコートに立たせて頂けている以上、そして自分が決めたポジションをやっている以上、楽しいと思えるように日々練習に励みその力をしっかり試合で自信持って出し切れるようにしたいと思います。漠然としていますが、それが今の私の目標です。


春リーグは終わりましたが、これから次の試合に向けてチーム一丸となってさらに頑張っていきたいと思います。
遠い試合会場まで応援のために足を運んで下さった皆様に心より感謝申し上げます。
これからもご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い致します。
乱文失礼致しました。


 

試合シーズン[KEIO GIRLS VOLLEBALL CLUB DIARY]

 written by 小高 淑乃投稿日時:2018/05/14(月) 10:34

こんにちは。
だんだんと初夏を感じる季節になってまいりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。経済学部3年の小高淑乃です。

本日、1ヶ月に渡るリーグ戦が終了しました。結果は、1勝4敗。
個人的にはレギュラーとして迎えるはじめての公式戦で、とにかく実力不足を痛感させられました。
まずは、残す順位決定戦で今できることをして今後につなげたいと思います。


さて、今度は早慶戦が1ヶ月後に迫っています。

早慶戦は他の試合とちがい、特別な雰囲気があります。
応援指導部や多くの観客の方がいる中で、"慶應"のバレー部であることを実感する場です。

早慶戦を通して、様々なスポーツを観戦できるというだけでなく、それぞれの部活で頑張っている友人の姿を見れるのも嬉しいものです。
せっかくこの大学に入ったので、色々観に行きたいなと思っています。


最後に、、
バレーボール早慶戦は6/10に行われますので、皆様のご来場お待ちしております!


乱文失礼致しました。

春季リーグ[KEIO GIRLS VOLLEBALL CLUB DIARY]

 written by 石川 かほ投稿日時:2018/05/06(日) 20:21

日頃よりお世話になっております。法学部政治学科3年の石川かほです。日増しに陽射しも濃くなって参りましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。



さて、春季リーグの開幕から3週間が過ぎました。私たちのチームは未だ勝ち星を挙げられずにいます。セットを取得出来ることはあっても、なかなかゲームに勝つことが出来ていません。



先日、試合に足を運んでくださった村林部長からこのような言葉を頂きました。




「試合は練習の全てである。練習の反省をして次の試合に生かすことが大切だ。」



試合は練習の全て、という部分に特に感銘を受けました。辛い時に自分に自信をもたらすものは練習しかありません。積み上げたものがあるからこそ、堂々とプレーが出来るのだと思います。その過程を楽しむしかない、と村林部長は仰っておりました。



去年のチームとメンバーも代わり、公式試合では経験値の少なさによるミスも多く出ていると思います。チームが出来たばかりで荒削りなのは仕方がありません。しかし、チーム結成から練習を重ねて出来るようになったことも多いと思います。今一度気を引き締めて、最終戦に挑みます!



これからも変わらぬご支援ご鞭撻のほどよろしくお願い致します。それでは失礼致します。

アーカイブ

ブログ最新記事