大きくする 標準 小さくする

KEIO GIRLS VOLLEBALL CLUB DIARY

<<前へ次へ>>

感謝

投稿日時:2019/11/03(日) 05:54

2019年も残すところあと2ヶ月をきりましたが、皆さまいかがお過ごしでしょうか?

経済学部4年の白土恵です。



朝6時にブログを更新するなんて、早起きな印象を持っていただけるかと思いますが、時差の関係で私としてはまだ前日の夜22時です。

今私は同期数人とスペイン旅行に来ています。

つい先日までは6泊8日での旅行などできなかった日々でしたが、10月27日に引退したため、長期旅行ができています。 マドリード、バルセロナと世界遺産をまわり、火曜日に帰国します。



ここで、スペイン旅行記を書こうかと思いますが、流石にラストブログが全て旅行記はまずいかな、、と思うので3割旅行7割バレーボールについて、書こうと思います。



スペインは日本と同じくらいの気候でとても過ごしやすく、毎日2万歩近く歩き回っています。日本の世界遺産しか見たことがない私は、スペインの世界遺産の大きさ、繊細さ、綺麗さに驚き感動してばかりです。

街の中にどん!と現れるガウディの建築物は、日本だったら地震や台風で壊れてるね、という感想を持つくらい馴染んでおり、その意味でもびっくりしました。

皆さまもお時間あればぜひスペインに訪れてみてください。できれば7年後、サグラダファミリアが完成したあとに。



さて、ここからはバレーボールについて書こうと思います。

わたしは10月27日、引退しました。

最後の試合、順位決定戦では成蹊大学さんに負けてしまいましたが、3部昇格という目標をチームとして達成できたことはチーム2019として残せた結果だと思います。そして秋リーグは特に、21人全員でリーグ戦を戦い抜けたと思います。

私はスタメンとして試合に出ることはほとんどありませんでしたが、リリーフサーバーとして、4年間たくさん試合に出していただけました。

監督を恨むくらい、緊張する場面で投入され、結果を残せたときの喜びは忘れられません。私のサーブを信じてくださった監督、そしていつでも前を向いてくれたチームにとても感謝しています。



それでも、最後の1週間は忘れられない強い記憶となって残ると思います。

スタメンとして試合に出るわけではない私は、Aチームから、スパイクやサーブで点をとったり、スパイクを拾えたらとても嬉しかったです。練習のための練習になってはいけないと思いつつも、AチームのためのBチームになれてるという気持ちになれました。

だからこそ、最後の最後に怪我をして、全力でプレーできないことはとても悔しくて、ふとした瞬間に涙が出てくる日々でした。

そんな中、1週間無理してプレーするためのサポート、そしてメンタルを支えてくれたトレーナーの今井先生にはとても感謝しています。ありがとうございました。

26日の創価戦でサービスエースをとったとき、ここに私の4年間つまってるなぁ、と大げさにも思ってしまいました。



これで私の10年間のバレーボール人生は終わります。

お忙しい中、様々なことをご指導くださった監督コーチ、試合の応援に駆けつけてくださるOBOGの方々、現役の頃から沢山のことを教えてくださった先輩方、私たち4年に馴染みつつも、コートの中ではのびのびプレーし、活躍してくれる3年生、向上心闘争心の塊で私たちも頑張らないと、と思わせてくれた2年生、半年間の間でぐんぐん成長し、追いつけ追い越せと切磋琢磨し合う1年生、個性的すぎる8人で、かけがえのない時間を共に過ごしてくれた同期、私にバレーボールを始めるきっかけをくれて、1番近くで支えてくれた両親

ここに書ききれないくらい沢山の方々の支えあっての10年間でした。本当にありがとうございました。



ひとまず、スペイン旅行を始め、残りの学生生活の謳歌し、社会人になる準備をしていこうと思います。 

そして4年間で学んだことを今後の生活にも活かしていこうと思います。



ここまで、長文かつ乱文失礼しました。

最後になりますが、チーム2019の応援ありがとうございました。

チーム2020の応援もどうぞよろしくお願いいたします。

最後

投稿日時:2019/10/27(日) 23:56

 

ある街では多くの警察を見かける時期になって参りました。少しずつ寒くなり、薄着の仮装が信じられないほど、私は夜は上着が不可欠です。



今年は無事ハロウィンが終わることを祈るばかりです。皆様いかがお過ごしでしょうか。



 



こんにちは。商学部4年の小寺彩貴です。



 



本日、私たち4年生にとって最後の公式戦でした。そんな日にブログが回ってきたこと、嬉しさ半分、難しさ半分という気持ちです。何を書いたらいいかまとまっていませんが、最後までお付き合い頂けたらと思います。



 



今日の順位決定戦は成蹊大学さんとでした。結果は負けてしまいましたが、試合自体を心から楽しむことが出来たのでその点では悔いはありません。楽しすぎて、相手のマッチポイントの時、まだ終わって欲しくない、と思ったのを覚えています。



この秋リーグはチームが完成してるなという感覚があって、コートに立つみんながお互いをわかってる感じがして、試合の全てがとても楽しかったです。また、楽しいという感覚だけでなく、違うメンバーで入ったセットもしっかりみんなで勝利を得ることができ、チーム全体での成長を身をもって感じることが出来ました。



元々このチームが始動した時、全員でバレーをする、という目標を立てましたが、この秋リーグはその目標を100%体現できたと自信持って言えると思います。



 



私はセッターとして2年間やって来ました。



この2年間、悔しくて、悩んで、ということがたくさんありましたが、それ以上にやって良かったと思う瞬間が多かったです。



それは、色んなことを教えてくれた先輩、元気付けてくれた後輩、一緒に頑張ってくれた同期のおかげです。みんながいなきゃ、ここまで頑張れなかったし、私の中の目標であった、「私らしいセッターになる」ということが達成出来たと思っています。



 



これで10年間のバレー人生に終止符を打つことになります。いつも多くのことをご指導くださった監督コーチをはじめ、試合に来てくださる度に上手くなったねと仰って下さったOBの方々、毎回叱咤激励をして下さるOGの方々、忙しいのに試合や練習に来て下さった先輩方、擬態語を使って抽象的な教え方をして下さる大先輩、いつも一生懸命で頑張らなきゃと思わせてくれた後輩たち、喜怒哀楽全てを共にした同期、応援に来てくれた友達、いつも1番近くで応援してくれた両親、感謝したい人はたくさんいます。今まで本当にありがとうございました。みなさんの支えあってここまで来れました。



この4年間で得たものは本当に大きく、心身共に成長出来ました。しっかり今後の人生でも活かせるように頑張りたいと思います。



 



とりあえず卒業までは、社会人になる準備や遊びも精一杯し、同時に、ここまでついてきてくれた後輩たちに恩返しするために自分に何が出来るか考えることも大事だと思うので、そういう時間にしようと思います。



 



皆様、チーム2019を応援頂き、ありがとうございました。今後とも女子チームをよろしくお願い致します。

ラストスパート

投稿日時:2019/10/20(日) 21:16

肌寒い日が続き、秋というよりもう冬の訪れすら感じるようになって参りましたが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。経済学部4年の小高淑乃です。石川(政4)からのブログリレーもついに最後となってしまいました。

スポーツの秋ということで、本日は早船(経4)と女子ラクロスの試合に行ってきました。負けてしまったものの、スピード感や激しいプレーは迫力があり、とても楽しかったです。ちなみに今はラグビーワールドカップを観ています。





そんな中、私たちも今シーズン残すところ2試合となりました。ここまで勝利を重ねることができ、本当に嬉しいです。それと同時に、一人一人の積み重ねが、ようやく1つの結果として現れてきたのではないかなと思います。

私は、昨年末のブログで、「試練」の1年と振り返りました。そして、4部降格という結果と悔しさを持ってスタートした最後の1年、明確なタイミングはわかりませんが、自分の中で少しずつ歯車が噛み合うようになった感覚がありました。技術的に成長できた部分もあると思います。しかし、自分だけではどうにも行き詰まったときに、同期、後輩、スタッフ含めOBOGの方々、家族、友人…沢山の人が肩の力を抜くきっかけを作ってくれたことが大きいなと感じます。



今の目標は、全力でバレーを楽しんで、思い残すことなく引退することです。

そのためには結果を出さなくてはいけません。



ここまで引っ張ってきてくれた主将の吉田と、個性豊かすぎる同期。

それぞれ試行錯誤し頑張っている3年生。練習熱心で頼もしい2年生。いつも一生懸命で癒しをくれる1年生。

ラストスパート1日1日を大切にし、全員で勝ち切って3部昇格を果たしたいと思います!





ありがちなラストブログになってしまったので、このあたりにさせて頂きます笑





これまで多くのご指導ありがとうございました。この場をお借りして感謝申し上げます。

今後とも、変わらぬご支援のほど、よろしくお願い致します。

バレーボール人生の集大成

投稿日時:2019/10/13(日) 21:10

段々と肌寒い季節となって参りましたが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。高校生の頃から愛読していたこのブログを担当させて頂くのも最後となりました。法学部政治学科4年の石川かほです。



 



現在、最期のリーグ戦の真っ只中です。4部に降格してから1年が経ちました。あの時感じた不甲斐なさは今でも忘れられません。そして、代替わりしてから過ごした最高学年としての1年間は、想像以上に地道な1年間だった気がします(笑) チームとして基礎的なトレーニングや練習に取り組んだことに加えて、リベロとしてもひたすらパスの精度を高めることに努めました。無心になりパス練習をこなした日々がようやくプレーが活かされていると感じています。一緒に練習に付き合ってくれた、矢野(政3)を始めとしたレシーバー陣の仲間にも改めて感謝しています。



 



秋季リーグも4試合を終えましたが、チーム全員で戦う慶應らしさが出ていると思います。今年引っ張り続けてくれた吉田主将(環4)がまとめてくれたチームワークが出ています。頼もしい3年生2人がたくさん活躍してくれています。明るい2年生4人がチームをいつも盛り上げてくれます。一生懸命な新1年生のみんながチームの細かい仕事を全うして支えてくれています。そして、多くのOBOGの先輩方、部長、監督、コーチ、仲間に支えられていることを改めて感じます。全員の想いが一つになってリーグ戦に挑むことができて幸せです。



 



私が10年間バレーボールを続けることができたのは決して当たり前なことはなく、支えてくれた周囲の人への感謝でいっぱいです。たくさんのありがとうを形にするためにも、3部復帰は必ず果たしたいと思います。今すべきことは、残りの2試合勝つためにチームで全力を尽くすことです。残された僅かな時間を大切にしていきたいです。お忙しいかと思いますが、どうか26日と27日の試合にも足を運んで頂くと幸いです。そして、今後とも塾バレーボール部を温かく見守ってください!!

気持ちを一つに

 written by 松井 南帆 投稿日時:2019/10/06(日) 22:17

連日暑さが続いておりましたが、本日は秋らしい爽やかな風が吹く1日となりました。皆様いかがお過ごしでしょうか。

 

法学部政治学科1年の松井南帆です。

 

さて、本日は秋リーグ2日目でした。

本日の戦績は、

 

対 明治学院大学 2-0

対 千葉大学 2-0

 

リーグ戦初日に続きストレート勝ちを収めることができました。会場にお越しいただいた皆様、大きなご声援ありがとうございました。引き続き応援よろしくお願い致します。また、次の試合 (10/12)は日吉キャンパス蝮谷体育館でのホーム開催となります。ご多忙とは存じますが、皆様のお越しを部員一同心よりお待ちしております。

 

今日の試合で何よりも大切なのは「気持ちを一つにすること」だと、昨日の練習後に監督やコーチの方々が仰っていました。そして本日、特に対明治学院大学戦はまさにそれが実現できた戦いでした。決して甘くはない相手の攻撃を拾って繋ぐプレーや、ベンチ・観覧席からの声援は、チーム全員が勝利だけを信じて一丸となった姿そのものだったと思います。来週の対創価大学戦も今日の感覚を忘れずに、完全勝利に向かって邁進して参ります。

 

そして!先週のブログにて紹介がありました通り、1年生に仲間が増えました!

怜(文・1)が入部し、1年の雰囲気も一層賑やかになったように感じております。また、レシーバーである彼女が入り、私自身一レシーバーとして、「負けないように頑張らねば!」と身の引き締まる思いです。

同期7人、バレー経験やスキルはそれぞれですが、全員で支え合い、さらに時にはライバルとなってお互いを高めあえるような関係を築いていきたいです。

 

信じ難いことですが、4年生が引退されるまで残すところ1ヶ月を切りました。出来る限り多くのことを吸収するとともに、先輩方が最後まで全力でプレーできるようサポートして参る所存です。

 

今後もご指導・ご支援のほどよろしくお願い致します。
乱文失礼致しました。

«前へ次へ»

<< 2019年12月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

2019年12月