大きくする 標準 小さくする

KEIO GIRLS VOLLEBALL CLUB DIARY 2018/1

何でもやってみる

 written by 小高 淑乃 投稿日時:2018/01/28(日) 21:43

春の暖かさが見えたかと思えば、大雪や氷点下などまだまだ寒い日が続いていますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
経済学部2年の小高淑乃です。

先週から始まったテスト期間もようやく皆少し落ち着いてきた様子です。
前回のブログ担当の石川かほ(政2)同様、もっと早く勉強を始めておけばよかったなあとひしひしと感じております…
私はテスト期間はカフェなどに夜まで居座って勉強することが多いのですが、そうすると周りにも勉強や何か作業している人が多くいます。つい先日だと、洋服のデザイン画を描く人、大学受験生、自分と同じように試験勉強に追われる大学生などなど。それぞれ内容や目的は違っても何か目標のために頑張っている人たちを見て、もう一踏ん張りしてから帰る、ということもしばしばです。

目標というと、、最近、自分がどうありたいかや将来について考えることが少し増えました。
というのも、テストが終わればゼミ選考が待っているからです。
ゼミを選ぶにあたって、自分はゼミに何を求めるのか、学びたいとしたらどんな分野か、どんな雰囲気があっているかなどいろいろと考えることは多く、正直まだ決めかねているところです。登録日は来週なのですが…笑

話を戻すと、考える機会が増えても、実際に自分はこうしたい!というのはすぐには決まらないものだなと実感しています。
私の今までの大きな選択というと、受験と部活です。
中学受験での志望校決めとバレーボールを始めたことに関しては、直感でした。
それに対し、どの大学に行くかを決めるまでに、そして慶應に入ってからはバレーを続けるかを決めるまでに、4年間をどう過ごして何を得たいか自分なりに色々と悩みました。
個人的に直感は大事だと思っているのですが、だんだん一つ一つの選択が将来に関わってくると意識するようなると、それだけで決めるわけにもいかないものですね。

突然なのですが、大晦日に突然決めた私の今年の目標は「とにかく何でもやってみる」です。普段あまりアクティブではないので、意識して、会いたいと思った人に会ったり、興味を持ったことに挑戦する年にしたいと思っています。
このブログを書いていて、なんだか関係あるなと思ったのではさんでしまいました。日々多くの人と関わっていろいろ経験していく中で、だんだんと自分のやりたいこと、目指すものが見えてくるのかなと思います。
大学に入って、バイトを始めて、新しい環境に行くたびにそれまで自分がいた世界がいかに狭かったかを実感しました。それと同時に、自分には意外とこういう面もあったとか、こっちの方が好きだとか、自分でも初めて気づくことがあったりもしました。
早いもので大学生活も半分になろうとしていますが、そうした経験をたくさんして、何か自分なりの目標や夢を見つけられたらな、と思います。


本当は最近ハマっていること、などで書こうと思っていたはずなのに、重い感じになってしまいました、、
テスト期間なせいでしょうか笑


今後ともご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い致します。
乱文長文、失礼いたしました。











 

積み重ね

 written by 石川 かほ 投稿日時:2018/01/21(日) 21:44

新年を迎え、寒さが一段と厳しく感じられるこの頃ですが皆様いかがお過ごしでいらっしゃいますか。

法学部政治学科2年の石川かほです。



ただいま大学は試験期間の真っ只中です。思い出す限り、私は試験前に焦っている記憶しかありません。時間がない中知識を詰め込み試験を挑んだ後、毎回思います、「もっと早くから勉強すればよかった」と。



こういう時に勉強もスポーツも、積み重ねが重要であると痛感します。日頃から勉強をこなし、より効率的に学を身につけることが出来るプロセスは練習にも当てはまります。なぜなら練習でも積み重ねることで基礎を固めて技術は伸ばすことが出来るからです。しかしその後の惰性で身につけたものはすぐに失ってしまう可能性があります。



なんだかんだ、大切なことはとてもシンプルではないかと思います。積み重ねる努力は何事にも通じます。練習を離れるからこそ見える視点を感じられて収穫となりました。



今後ともご指導ご強靭の程よろしくお願い致します。

主務として

投稿日時:2018/01/14(日) 21:02

1月も半ばに入り、寒さも一層厳しくなって参りましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
お世話になっております。経済学部3年の増田果歩です。

12月7日の納会をもって主務に就任し、早1ヶ月が過ぎました。
そこで今回のブログでは、この1ヶ月間主務として活動する中で私が感じたことについて書きたいと思います。

主務になり、人と繋がることの楽しさと素晴らしさを強く感じるようになりました。

まず、これまで以上に部長、監督、コーチ、そしてOBOGの方々といった人生の先輩と接する機会が増えました。ただ学校に行く、あるいは部活に行くだけでは、自分同様「学生」と接する機会しかなく、「大人」と接する機会はありません。そのため、主務になり、「大人」と接する機会が増えたことは、私にとってとても新鮮でした。その中で学んだのは、学生の常識は社会の常識ではないということです。連絡手段一つとっても、大学生の常識であるLINEは、社会の常識ではありません。このように「社会人になること」を実際に社会に出る前に学ぶ場を与えられていることに感謝をし、これから1年間主務の仕事に邁進していきたいと思っています。

また、記念館が建て替え工事で使用できなくなったことで体育館を他の部と共有することが増え、その影響で他の部の主務と接する機会が増えました。こうした繋がりを通して、自分とは違う競技で日々頑張る仲間と励まし合えることの素晴らしさと楽しさを学びました。特に同じ主務という立場から部について考え、真剣に話し合える友人は、私の今後の人生の宝となるでしょう。

まだまだ新米主務で至らないところばかりですが、今後も一つ一つの人との出会いに感謝しつつ、より良い部を作れるよう、主務として邁進していく所存です。

今後とも変わらぬご指導ご鞭撻のほど、宜しくお願い致します。

挑戦

投稿日時:2018/01/07(日) 11:58

初春の候、ますますご健勝のこととお慶び申し上げます。

文学部3年の平泉優奈です。



大歓声の中繰り広げられる早慶バレーボール定期戦に憧れ、入部を決意した1年生の頃から時間はあっという間に過ぎ、私はいよいよ大学バレー最後の年を迎えてしまいました。

正式に新体制がスタートしてからのこの1ヶ月間は、授業中でも気がつくとチームのことや新しい練習を考えていたり、これまで以上にバレーボールのことで頭がいっぱいだったように思います。



今回のブログでは、前回の記事で菊池も述べていた、今年度の2部昇格という目標についてお話しさせていただきます。



私たちは前年度に引き続き、2部昇格という目標を掲げました。この目標を決めるに当たっては、後輩達や先輩方の意見も聞きながら、何度も何度も考え、話し合いました。というのも、今年のチームは昨年に比べて試合経験の少ない選手が多く、これまでのチームですら達成できなかった目標を、果たして今年のチームで達成することができるのかという気持ちがあったからです。

しかし、私自身、これまで先輩方と本気で目指してきた2部昇格という目標をどうしても諦めきれず、また、それは他の部員たちも同じことでした。



今のチームは出来ることよりも出来ないことの方が比べ物にならない程多く、課題は山積み、いや、富士山くらいの山積みです。また、今までのチームはある程度土台がしっかりしており、細かな技術を磨いていくというスタイルでしたが、私達は1からのチーム作りであるため、色々なことを試し、何が正解なのか分からなくなってしまうこともあります。

しかし、大変なことが多い毎日の中で、部員たちと上級生下級生関係なく、こうしたらいいんじゃないか、ああしたらいいんじゃないか、と試行錯誤し、これまで以上に1人1人がチームに貢献しようとしている姿を見ると、本当にこのチームで目標を達成したいという気持ちが湧き上がってきます。

2部昇格という目標がどれだけ難しいものであるのか、これまで痛いほど感じてきました。私にとっては最後の年、これまで目指し続けてきた目標をただの目標で終わらせないよう、挑戦を恐れず、後悔しない結果を残そうと思います。



年賀状で激励の言葉をかけてくださったOB OGの皆様、本当にありがとうございました。一つ一つの言葉に背中を押されています。応援してくださる方々に結果で恩返しできるよう、春に成長した姿をお見せできるよう、部員一同努力して参ります。今後とも、よろしくお願いいたします。



 

新年の抱負

投稿日時:2018/01/01(月) 10:55

新春のお慶びを申し上げます。
法学部政治学科3年の菊池葵です。

昨年は大変お世話になりました。
本年もよろしくお願い申し上げます。

新年最初のブログ更新となりますので、2018年の意気込みを綴りたいと思います。

本年のチーム目標は以下の二つです。
・二部に昇格する
・早慶戦でセットを取る
二部昇格はかねてから掲げている目標ですが、未だ成し遂げられていません。
上記の二つの目標を達成するためには、今まで後回しにされてきた体力づくりや筋力アップ、徹底しきれなかった一つ一つの基礎練習、経験不足を補うためのより多くの実戦練習を積み重ねていくことが欠かせません。
やるべきことは山のようにあります。
一日一日の練習を大切に、本年こそ、目標を達成したいと思います。

また、これまでチームを率いて下さった4年生が引退されたことで、戦力的にも精神的にも今のチームには大きな穴が空いてしまったように感じます。
最上級生として、一刻も早くこの穴を埋められるような心強い存在になりたいと思います。

私にとっては、今年がプレイヤーとして臨む最後の年です。
「岐路に立ったら困難な道を行け」をモットーに、悔いのない一年にしたいと思います。

今後ともご指導ご鞭撻賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。
皆様のご多幸とご健康をお祈り申し上げます。

<< 2018年1月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2018年1月

<<前月翌月>>
2018/01/28(日) 21:43
何でもやってみる
2018/01/21(日) 21:44
積み重ね
2018/01/14(日) 21:02
主務として
2018/01/07(日) 11:58
挑戦
2018/01/01(月) 10:55
新年の抱負